2018発表会
ホーム > 2018発表会

2018発表会

2019年01月31日(木)1:04 AM

遅れ馳せながら…

明けましておめでとうございます。

あぁ、平成最後のお正月。

特に深い思いもなく迎えました…笑

今年もよろしくおねがいします。

(↑写真はお正月に江の島水族館で娘と作った魚鏡餅。)

 

さて、年末の発表会、生徒の皆さんお疲れ様でした。

自分で言うのもアレですが、今年も演奏会としてなかなかのクオリティでしたよ。

 

ライネッケのコンチェルトやら、デュティユーのソナチネ、魔弾幻想曲、プーランクのソナタなどなど聞き応えのあるプログラムも並びました。

 

音大生はこの位吹いて当然ですが、ご趣味の生徒さんも大曲に多くの方がチャレンジしてくれました。

もちろん小品だって、どの曲もその曲なりの難しさはあるわけで、みなさん真摯に取り組んで披露してくださいました。

一生懸命やってくれる生徒さんが多いのが、うちの教室の自慢であります。

 

 

ソロだけでなくご友人同士で、そして親子でデュオもありました。

素敵だったなぁ。

 

そして今年は、最年少。6才、年長さん。

うちの娘ですが。。。笑

初出演しました。

昨年7月からフルートを始めました。

まだU字管も持てないので、ドイツのリコーダーメーカー「モーレンハウエル」のピッコという木製フルートを吹いています。

いい音がします。

いや、まさか親子でデュエットできる日が来るとは。

これを機に、小さい生徒さんを大募集したい私です。

 

講師演奏は、昨年のピアノ原先生とのお約束通り、カプースチンのソナタから第4楽章を演奏しました。

いやぁ、合わせが難航しましたな…

「合ってる?合ってるか!いや…ズレてる…」みたいな。あはは。

 

ということで、6歳〜70代まで、幅広いご出演の発表会となりました。

皆さん、おめでとうございます。

 

ほっとしたのも束の間。

数カ月後にはまた今年のホール抽選が始まる…と思うとクラっとしますが、

まぁ毎年のことながらどうにかなるでしょう。(と思いたい。)

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

年末、しばし岩手に帰省しました。

今年は雪がすごかったですね。もう連日の吹雪。

寒すぎて号泣する坊主。

 

せっせと雪かきするダンナと義父を尻目に、寒すぎて何もせず、トイレも我慢する始末。

結婚して7年。徐々に図図しくなる嫁。。。

 

でも子供達と雪遊びも楽しんだし、お墓参りもしっかりしてきましたよ。

 

今年は娘も小学生。

2歳のボーズはやんちゃ真っ盛りですが。

 

年末に楽器店さんからギターとの演奏会開催のお話をいただきました。

リサイタルから遠退いているので、そろそろ始動しなければと毎年の事ながら思うのですが。

練習もさる事ながら、あの忘れられない演奏以外の事務方の大変さとそこに消耗する神経…

 

よし、出来るぞ!いや。。。やっぱりまだ無理かも…。の思いが波のように交互に来ますね。

オペラシティでやった最後のリサイタルの時、お腹にいたんだよなぁ、娘…

そう思うと、時間というものが恐しくなります。

人生、本気でぶつからないと、あっと言う間におばあちゃんでしょう。

 

どうなることやら。

とりあえず、今年も出来ることは全力で頑張りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



«   |  

過去の記事