三連休初日ですが。今日は弦楽器(バイオリン、ビオラ、チェロ)と四重奏を演奏してきました。

小1時間、かなりの曲数を演奏しまして。

改めて、アンサンブルは勉強になるなぁと。

音程、響き、倍音…結局のところはすべてがひとつというか。どれかが狂うとあっという間にすべておかしなことになる。とても基本的な事なんだろうけど、未だに1人でいつも吹いてると気付かぬうちに違う方向に行ってしまうことが多い私です。

いつも気をつけているつもりでも、1人で吹いている時よりうんと分かりやすいですね。しかも弦楽器と絡むと、さらに気付きやすい気がします。おかしな方向に行くと、全く弦と音が混じらなくなる…そうなると、めちゃくちゃ気持ち悪いし、居心地悪い。笑

そんなことを研究(?)しながら、演奏しておりました。何より楽しかったです。

……………………………………………

若い頃から、なんやかんや弦楽器の方達とカルテット仕事をすることが多く、弦楽四重奏の楽譜が異様にあります。弦の人から「〇〇の楽譜ない?」と連絡がくることもしばしば。(1stバイオリン譜を音域を多少変えたりして演奏しています。)

クラシックから演歌まで、多種取り揃えております。

音づくり、音程、ビブラート、息遣い(=弓使い)…いつも多くの気付きをもらえる大好きな編成です。

コロナが落ち着いたら、教室の生徒さん達に久しぶりに弦楽カルテット会を開いてあげたいなぁと思っています。

おすすめの記事